六道(りくどう)
予約OK
六道(りくどう)
1分/ ポイント 290

江戸~続く名門、霊術エキスパート

5
2022/08/06 22:34

供養三十三回忌を過ぎたら…

三十三回忌を過ぎたら、特定の故人の供養はしない 供養ということを考える時に大切なのは、霊の気持ちを理解した上で現実的な対処をするということです。 生きている人間の思い込みだけで勝手な判断をしてはいけません。 そして、あまりに霊柩に振り回されるのもよくありません。 バランスがとても大切です。 では、具体的にどの程度の供養が必要なのでしょうか。 普通は自分の直系の両親や祖父母、曾祖父母など三代前までのご先祖に対して、三十三回忌までの回忌供養をして更にお盆の供養をすれば十分と考えられます。 三十三回忌を過ぎたら特定の故人のために供養を続けるというのはやめたほうがよいでしょう。 あまりに子孫が供養を続けると、その思いの強さが霊を今生の世に引き戻すことになりかねないからです。 日常的に故人や先祖のことに思いを向けすぎない、これも供養において知っておきたい大事なことなのです。 合掌六道拝